じっくり相談できる薬局21やました

FrontPage

薬局の店頭
はじめまして
ようこそ!
薬局21やました

「病は人生を豊かにできる」

店頭相談で思うことが‥‥お話します。

病気になったら単に治せばいいと‥‥考えるではなく
病気にたったことで新しい気づきが
得られるようにしたいものです。

そうすれば、

病気は悪いことばかりではなく

貴重な経験になります。

病はマイナスなことに見えるが
心の在り方、生活習慣、食
人間関係、そして生き方そのもの
すべてを考え直し
変えるだけの気づきと力があります。

体が命懸けでくれるメッセージ
それに耳を傾けることができれば
病は人生を豊かにできる。

最高のエネルギーです。

健康な人たちの特徴

  • 過食,偏食のない、バランスのとれた食事をしている。
  • 適度の運動をしている、
  • 適度の飲酒、禁煙を守っている。
  • 適度な睡眠をとっている。
  • 楽観的で、ストレスのない生活をしている。
  • よい姿勢をしている。
  • 生きがいを持って暮らしている。

今後もっとも大切にしたいことは

生涯現役、ボケないこと

ボケない秘訣とは

寝たきり、ボケてしまうと
大勢の人に迷惑をかけ
自分自身も苦しみを味わって、死ぬことになります。
それはすべて本人の責任です。
ですから、そうなる前に30~40代のうちから
自分の健康は自分が維持するという気持ちで
暮らすべきだと思います。
生涯現役で仕事するんだという気持ちで
忙しくするのが一番です。
食事は

  • 少食、
  • 単純食にして
    一つ一つの質を良くする。
    植物を主体とした穀物菜食にすると、
    老化が非常に遅い。
    その上で頭と体をまんべんなく使っていれば

ボケることはないんです。

体はふだんの動きをこまめに
スピーディにすることです。
一番良いのは掃除
一生懸命することです。
最高の全身運動です。
家が狭いのなら、近くの公園、神社でも
いいから掃除することです。

とにかく動くことが楽しくなるように習慣を変える。
頭をまんべなく使うには
脳全体の血液を良くする会話、料理
大脳生理学でも証明されています。

人は大自然の恵みによってのみ
生かされのであって、まさに「食は命」そのものと思います。
ご老人、昔の人は、もっと知恵があって
自然の食物を加工したり、保存したりして
健康増進に役立ていました。
西洋の栄養学が入って来てからは
たんぱく質、ビタミン、ミネラルだ、カロリーだと、
食物を科学してしまった。
医療、国も伝統食を忘れて

食べて治す”知恵を放棄しています。

結果
子供まで巻き込んでだ生活習慣病の蔓延なのです。
次の疾病につながるのです。

高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満‥‥の生活習慣病

生活習慣病を治す「くすり」は
なんてたって
生活習慣を改めることが一番だと思っています。(やましたよしひろ)

その時、大切なことは、
本人が‥‥その原因を自分で理解することです

そういった気付きに手助けするのが

薬剤師山下慶寛(やましたよしひろ)の仕事だと思っております

気軽にご相談ください。   

営業時間
月~金 9:30~18:00
土  10:00~17:00
 
定休日 日曜・祝日

>>
a:32854 t:2 y:21

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional